ホーム > よくあるご質問 > SL-12H|ソーラー発電システム

SL-12H|ソーラー発電システム

Quetion
充電しながらでも電気製品を動かせますか?

Answer
太陽光での充電時のみ、充電中のAC出力が可能です。但し、AC充電中の使用は出来ませんのでご注意下さい。

Quetion
何時間使用出来ますか?

Answer
動作可能時間は、「電池残量」「使用する機器の消費電力」に依存します。満充電時では消費電力250Wの製品を約1時間動作可能です。例えば10WのLED電球でしたら24時間以上動作させる事が出来ます。
※上記の数値はあくまで目安値ですので、ご参考程度の認識をお願い致します。

Quetion
曇りの日でも充電出来ますか?

Answer
晴天時に比べ、充電効率は下がりますが、充電は可能です。

Quetion
蛍光灯でも充電出来ますか?

Answer
蛍光灯の光量と自然放電の関係から、ほぼ不可能とお考え下さい。

Quetion
ソーラーパネルの寿命はどの位ですか?

Answer
太陽電池の素材であるシリコンに関しましては半永久的に劣化は発生しない事になっておりますが、パネルを成型するガラスやアクリル等に関しましては、その素材なりの耐久年数がございます。

Quetion
バッテリーの寿命はどの位ですか?

Answer
使用環境により異なりますが、残量ゼロの状態から満充電を行った場合、 約300回で20%、約500回で40%の劣化が生じます。

Quetion
バッテリーを長持ちさせる使用方法はありますか?

Answer
1. 満充電の状態で長時間放置しない:長期間ご使用にならない場合は、満充電の状態で保存すると劣化が進みます。これは、「自然放電が少ない」と言う、リチウムイオン電池の特性による物です。電池の性能としては利点なのですが、満充電での長期放置で状態に於いては思わぬマイナス点となります。しかしながら緊急時に使用すると言う状況を考えるとなるべく電池残量は確保したいとお考えだと思われます。その際は残量80%程度で保管される事をおすすめ致します。
2. 注ぎ足し充電の推奨:電池の劣化を防ぐ目安としては、残量三分の一くらいの状態で充電を始め、満充電になる直前の頃合いで使用を開始するのがベストと思われます。
※リチウムイオン電池は大変優れた製品ですが、他の電化製品と同様に極端な状態(残量0/100%、未使用期間が長期に渡る等)では高い負荷がかかります。適度な充電/放電を行う事が、劣化を防止の最善策と存じます。

Quetion
メンテナンスはどうするのですか?

Answer
一般の家電製品と同等のお取り扱いをお願い致します。お客様ご自身での、分解・修理・改造などは決してなさらぬ様お願い致します。

Quetion
故障時の修理はどうするのですか?

Answer
本製品は1年間の保証期間を設けております。ご購入から1年間は、無償での修理を承っております。それ以降は弊社規定の料金により、修理対応させていただきます。

Quetion
60Hzの電気製品は、問題なく使えますか?

Answer
本製品のAC出力は100V 50Hz固定ですので「60Hz固定」の電化製品はご使用になれません。しかしながら、現在市場に流通している電化製品のほとんどが50/60Hz両対応となっておりますので問題なくご使用いただける事と存じます(※50Hzと60Hz切替式の電化製品に関しましては50Hzに合わせていただければ大丈夫です。)。
また本製品を家庭用電源で充電する際のAC100V入力に関しましては50/60Hz両対応ですので、関西地区に於かれましても問題なくご使用いただけます。

Quetion
バッテリーの交換に掛かる費用はいくらですか?

Answer
バッテリー本体と工費併せて、26,250円で承らせていただきます。
上記金額に【本州:630円 北海道・四国・九州:840円 沖縄・離島:一律1,050円(税込)】の送料がかかります。
※費用は弊社保証期間(お買上げ日から1年間)を超過後に発生致します。

© KUMAZAKI AIM Corp. All Right Reserved.